自分で出来る!割り箸でトイレのつまりを直す方法

急なトイレのつまり..直す道具がなにもない時はビニール袋を使いましょう!

突然のトイレつまり..自分で直したいけどスッポン(ラバーカップ)も何も道具をもってない..。
そんなときにトイレつまりの解消に利用できるのが「割り箸」です。

「割り箸袋ってあの割り箸?」と思われるかも知れませんが、つまりの原因が見える場合やまだ奥に入ってない場合などに、使い捨ての割り箸を利用してつまりの原因を取り除く事ができます。

この方法はトイレのつまりを直す為の「スッポンなどの道具は持ってないけど、自分でつまりを直したい!」という方におすすめの方法です。

この記事では割り箸でトイレのつまりの原因を取り除く方法、作業を行う際の注意点やポイントなど、詳しく分かりやすく解説していきます。
まずは「割り箸でつまりを直す方法」を知る前に、この方法で解消可能か?解消不可能か?を「つまりの原因と状態」を見て確認しましょう。

記事の内容

1 「割り箸」で直せる?直せない?トイレつまりの原因から判断する
1.①「割り箸」で解消可能なつまりの原因と状態
1.②「割り箸」では解消不可能なつまりの原因と状態

2 「割り箸」でトイレのつまりを直す為の3つのポイントと注意点
2.① 便器内の水位を確認(溢れそうな場合には汲み出す)
2.② 出来るだけ長めの割り箸を使用する
2.③ ビニール手袋を着用して作業する事

3 ビニール袋でトイレのつまりを直す作業方法(実践)
3.① 便器内の水位を確認する
3.② 見えているつまりの原因を掻き出す・つまみ出す
3.③ タンクレバー(小)を引いて最終確認

4 トイレのつまりを解消できない場合は?

1.「割り箸」で直せる?直せない?トイレつまりの原因から判断する

1.①「割り箸袋」で解消可能なつまりの原因と状態


1.キャップや蓋(見て確認できる状態)

2.スマホや携帯電話(見て確認できる状態)

3.おもちゃなどの固形物(見て確認できる状態)

上記のように、キャップやスマホやおもちゃなど、固形物が「目で確認できる状態」の場合には割り箸で解消できる可能性があります。

1.①「割り箸」では解消不可能なつまりの原因


1.トイレットペーパー

2.吐瀉物

3.箸で掴めないもの

4.その他.固形物等(目で可能出来れば可能)

上記のように「トイレットペーパー」や「吐瀉物」など、割り箸で挟めないものが原因の場合には「割り箸」で解消することはできません。
また、キャップやスマホなどの固形物でトイレをつまらせた場合には、目に見える状態であれば解消することはできますが、奥に入ってしまったり目で確認できない状態の場合にはつまりを解消することはできません。

*注意点.「つまりの原因がわからない」場合に間違った作業を行うと更につまりを悪化させてしまう場合があります。その際は無理をせず、専門の業者に見てもらいましょう。

2.「割り箸」でトイレのつまりを直す為の3つのポイントと注意点

これから解説する3つのポイントを押さえる事で、「割り箸」を使ったトイレつまり解消作業を安心して行うことができます。
これらのポイントはしっかりと作業前に確認しておきましょう。

「割り箸」を使ったトイレつまりの解消成功率を上げる3つのポイント


① 便器内の水位を確認(溢れそうな場合には汲み出す)

② 出来るだけ長めの割り箸を使用する

③ ビニール手袋を着用して作業する事

ポイントとしてはこの3つになります。
下記にて、順番に詳しく解説していきます。

2.① 便器内の水位を確認(溢れそうな場合には汲み出す)

「割り箸」を使ったトイレつまりの解消作業では、便器内に手を入れ込む作業を行います。
そのため便器内の水位が多すぎと手・腕を入れた際に汚水が溢れ出てくる危険性があります。
普段より少し低めの水位が理想的ですので、ひしゃくや手動ポンプなどでバケツに汲み出し、作業前に必ず調整してください。

2.② 出来るだけ長めの割り箸を使用する

「割り箸」を使ったトイレつまりの解消作業では、手で割り箸をもって便器内に手を入れ込むため、割り箸が短すぎる場合、つまっている物が見えている場合でも箸が届かず取り出す事が出来ない場合があります。
そうならない為にもできるだけ長めの割り箸を利用して作業を行いましょう。

2.③ ビニール手袋を着用して作業する事

「割り箸」を使ったトイレつまりの解消作業では、便器内に手を入れ込む作業を行います。
素手での便器内の作業はノロウイルスやコロナウイルスなど様々な感染リスクが考えられます。
作業を行う際は必ずゴム手袋を着用しましょう。

*注意点:センサーなどで自動的に水が流れてくるタイプの便器の場合には、作業中に便器内の水が溢れ出す危険性があります。便器内のコンセントを抜くか機器の電源をオフにして作業を行いましょう。

3. 割り箸でトイレのつまりを直す作業方法(実践)

いよいよ作業開始です。
上記で解説したポイントや注意点を踏まえて4つの工程を行いましょう。

3.① 便器内の水位を確認する

まずは便器内の水位を確認しましょう。水が多すぎると作業を行う際に溢れ出てしまいます。便器内の水位が高い場合には、柄杓や手動ポンプなどでバケツに汲み出してください。(便器内の水位は、普段よりも少し低めだと作業がスムーズにおこなえます。)

3.② ビニール袋に手・腕を入れて輪ゴムで縛る

ビニール袋を重ね合わせて丸めた雑巾やタオルをビニール袋内に入れたら、次に手・腕をビニール袋内に入れて肘側のビニール袋先端部分を輪ゴムやテープで巻きつけます。こうする事によって作業中にビニール袋が外れてしまう事を防ぎます。
(*作業中に汚水がビニール袋の中に入った場合を想定して、予め長めのゴム手袋などを装着しておくと安心して作業が行えます。)

3.③ 見えているつまりの原因を掻き出す・つまみ出す

便器内の水位を確認したら割り箸で見えている「つまりの原因」を挟んで取り出します。少し奥にある場合には掻き出すようにするとうまく取り出す事ができます。

*注意点:この作業では手を便器内に入れる為、様々なウイルスの感染を予防する為にも必ずビニール手袋を装着して作業を行うようにしましょう。

3.④ タンクレバー(小)を引いて最終確認

無事につまりの原因を取り出せたら確認作業に入ります。
トイレレバー「小」を流してみて便器の水位が上がってこなければトイレレバー「大」を流してみましょう。「大」を流しても水位が上がってこなければ作業終了です。お疲れ様でした!

4. トイレのつまりを解消できない場合は?

作業を行なってもトイレのつまりが解消しない場合には別の原因も考えられます。何度も繰り返し作業を行うとつまりが悪化してしまう場合もあります。少しでも不安を感じたら無理をせず、作業を中止して専門の業者に相談しましょう。

私たち救急水道サービスは
水まわりの急なトラブルを
365日・24時間受付け対応しております。

水まわりのトラブルでお困りですか?

お気軽にお問い合わせください

記事一覧を見る